WHO(世界保健機関)の見解
はりきゅう治療の適応となる疾患

神 経 系: 神経痛(三叉、肋間、坐骨等)、頭痛、歯痛、ヘルペス、顔面神経麻痺、しびれ
運動器系: 五十肩、ムチウチ、腰痛、椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、寝ちがい、捻挫、テニス肘、腱鞘炎
消化器系: 胃炎、胃下垂、胃痙攣、胃・十二指腸潰瘍、胆石症、便秘、下痢、痔
循環器系: 高血圧、低血圧、心臓神経症、動悸、冷え性
内分泌系: 甲状腺機能障害、糖尿病、痛風
呼吸器系: カゼ、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、喘息
泌尿器系: 慢性腎炎、ネフローゼ、膀胱炎、前立腺肥大
感覚器系: 眼精疲労、仮性近視、白内障、鼻炎、副鼻腔炎、耳なり、メニエル症候群、めまい
婦人科系: 生理痛、生理不順、乳腺症、つわり、更年期障害、冷え・のぼせ
小児科系: 小児喘息、アトピー性皮膚炎、夜尿症、夜泣き、かんのむし、消化不良、虚弱体質
そ の 他: 自律神経失調症、不眠症、ストレス性疾患、心身症、アレルギー、慢性疲労、成人病の予防

*鍼灸の適応症は上記のように多岐にわたりますが、施術をすれば全ての疾患が完治すると断言したものではありません。症状の軽減、改善を目標にお受け下さい。
*医療機関で受診中の方は主治医にご相談のうえお受け下さい。